シモン芋と倉岳町の関係


シモン茶・シモン芋の生みの親くらたけ(倉岳)町
シモン芋の生みの親であると言われている熊本県くらたけ(倉岳)町
シモン芋茎・葉100% 緑のシモン茶 3g*20包シモン芋茎・葉100% 緑のシモン茶 3g*20包
¥754円(税込)送料別 カード利用可

商品説明文「シモン芋茎・葉100% 緑のシモン茶 3g*20包」は、シモンの葉、茎100%のお茶です。シモン芋は1972年に原産地のブラジルより持ち込まれた白甘藷(白いサツマイモ)です。毎日の健康維持などに、ご家族皆様でご愛飲ください。お召し上がり方●急須に1バッグ入れて熱湯を注ぎしばらく蒸らしてからお飲み下さい。色が出なくなるまで御飲みいただけます。●やかんに、水1リットルに対して1-2バッグ入れて、5分前後弱火で煮出して下さい。ご注意万が一お体に合わない場合は飲むのを止めて様子を見てください。なお、ご心配な場合は医師と相談をして下さい。保存方法高温多湿をさけて下さい。フード > お茶・コーヒー > 健康茶 > シモン茶 >  製造元 オールライフサービス 内容量:3g*20包サイズ:高220*幅135(mm)JANコード: 4931707009729※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがありますシモン茶とはシモン茶はシモン(シモン芋)の葉や茎の部分のお茶です。シモン(シモン芋)は、南米ブラジル原産のヒルガオ科の植物で、昔から中南米の原住民インディオの間で食されてきた「白さつまいも」で、これをブラジル農科大学のシモン教授が発見し、改良したために「シモン芋(シモンイモ)」と呼ばれるようになりました。シモンは土壌に含まれるミネラルなどの成分をまんべんなく吸収してしまうため、一度栽培・収穫した土地では数年以上栽培ができないということです。芋の部分はサツマイモに比べ、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなど)やミネラル類(カルシウム、リン、カリウム)を豊富に含んでいます。また、シモンの葉や茎の部分にも、食物繊維やビタミンKが豊富に含まれています。シモン(シモン芋)とはシモン(シモン芋)は、南米ブラジル原産のヒルガオ科の植物で、昔から中南米の原住民インディオの間で食されてきた「白さつまいも」で、これをブラジル農科大学のシモン教授が発見し、改良したために「シモン芋(シモンイモ)」と呼ばれるようになりました。シモンは土壌に含まれるミネラルなどの成分をまんべんなく吸収してしまうため、一度栽培・収穫した土地では数年以上栽培ができないということです。芋の部分はサツマイモに比べ、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなど)やミネラル類(カルシウム、リン、カリウム)を豊富に含んでいます。また、シモンの葉や茎の部分にも、食物繊維やビタミンKが豊富に含まれています。 原材料白甘藷の葉広告文責:ケンコーコム株式会社電話番号:0120−22 55 66
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。